私と食べて-官能短編小説 PDF

Vil du læse 私と食べて-官能短編小説-bogen i PDF-format online? Et godt valg! Denne bog er skrevet af forfatter – サラ・スコウ. Med webstedet rebelsmicrobrewery.it læses 私と食べて-官能短編小説 online nu så nemt!

Rebelsmicrobrewery.it 私と食べて-官能短編小説 Image
BESKRIVELSE
''最後の料理はアイスクリームだ。彼はデザートを皿に美しく盛り付けた。私は賞賛する代わりに、人差し指をアイスクリームに突っ込む。彼の方を向いて瞳を見つめ、アイスクリームを自分の口へ持っていく。それからわずかに口を開け、アイスクリームを凝視する彼を観察すると、唇で指を包み込み、大きな音を立てて吸い付いた。'アンネは毎晩、空っぽのアパートに帰ると、最高に生き生きとした気分になる。お気に入りのリアリティ・ショーを見て、若いセクシーなシェフの動きを観察するのだ。生地のこね方や、計算と配慮の行き届いた料理法を学ぶアンネ。ベッドでもそんな風に扱ってくれるのかしら? 彼の指がパンティーの中に入るのを想像する。ある日、実物の彼に会うチャンスをゲットすると、全身全霊を込めて、彼を誘惑するのだった。この短編はスウェーデンの映画制作者エリカ・ラストとのコラボレーションで出版されています。エリカは、力強いストーリーに官能を融合させ、その中で情熱と親密、肉欲、愛情を描くことで、人間の欲求と多様性の表現に挑んでいます。'サラ・スコウは若い女性作家のペンネーム。彼女の書いた官能短編小説には「Obsessed with Owen Gray」、「Car Sex」、「Memories of you」、「The Feminist Man」がある。
FORFATTER – サラ・スコウ
UDGIVELSESDATO 07-11-2019
FILNAVN 私と食べて-官能短編小説.pdf
FILSTØRRELSE 1,47 MB
ISBN 9788726268560
私と食べて-官能短編小説 - South Australia ...

「森のなかへと車を走らせたときのことを思い出して彼女は微笑んだ。森のはずれの砂利道に車を駐めた。あの頃の夜はあまりに暖かく、熱を冷ますために車の窓を開けて涼しい風を入れた。あの頃、露に濡れた草の香りとクロウタドリの歌声が車のなかに忍びこんできた。オルガズムに達した ...

Historier fra jazztiden.pdf

Princess Poetess - Erotic short story.pdf

Når en 12-årig kan.pdf

Suomalaisia sananlaskuja.pdf

Waza króla Priama.pdf

Magtens sværd.pdf

Middagen.pdf

Min arabiske rejse.pdf

Skriv!.pdf

Grundbogen til Thermomix ®.pdf

Islam og Mellemøsten.pdf

Everything Is F*cked: A Book About Hope.pdf

Civilisation 2.0.pdf

Stjernerne synger, 3.pdf

Min elskede bamse.pdf

BILLEDreporter 3.pdf

Kina i ti ord.pdf

Det svævende træ.pdf